みなさんこんにちは!

突然ですがなかやまきんに君の面白さに最近じわじわハマってるワタシです!

何年か前は面白さがまったくわからず、何が面白いんだろ?と正直思ってました(>人<;)

先日たまたま観ていたテレビにきんに君が出ていたのですか、その時のネタがツボに入って以来ファンになってしまったので、今日はそんななかやまきんに君の魅力を探っていきたいと思います。

まずは、きんに君のプロフィールからどうぞ!

-スポンサードリンク―

なかやまきんに君とは?


引用元:https://www.mtphotoarts.com/2019/09/09/blog12_nakayamakinnikun/

性別:男性
生年月日:1978年09月17日
身長/体重:177cm /80kg
血液型:AB型
出身地:福岡県 福岡市
趣味:健康になること(健康のためなら死んでもいい)/指回し(世界一速い)//バスケットボール
特技:ウェイトトレーニング、バスケットボール
出身/入社/入門:1999年 NSC大阪校 22期生
引用元:http://www.yoshimoto.co.jp/

芸歴は1999年に吉本興業からデビュー。2001年に吉本新喜劇に入団。なかやまきんに君というだけあって立派な筋肉のをお持ちのきんに君。学生時代はバスケットボールをやっていて、その時から筋トレをやっていたようです。

そしてなかやまきんに君は一時芸能生活を休業してアメリカに2度筋肉留学をしています。

2006年に1回目。2008年に2回目の留学。

2回目の留学では、肉体強化に加えて語学の勉強にも力を入れています。

サンタモニカ・カレッジというカルフォルニアの2年生公立大学に入学。

ここの卒業生にはターミネーターで有名なアーノルド・シュワルツァネガーもいます。

2011年には同大学の運動生理学部を卒業。

こんなこと言ったら失礼ですが、なかやまきんに君のポンコツキャラやギャグからはまったくイメージつかないですね。

そして凄いまじめ

芸能人といえば形だけの留学をするイメージがあったので、しっかりと卒業をしているきんに君に好感度も上がります!

最近ではyoutubeチャンネルも好調のようで、登録者数は100万人を突破しています‼

男性のファンが多いきんに君ですが、本業は筋肉トレーナーではなく芸人さんのデス。

そんなきんに君の面白い所を探っていきましょう!

-スポンサードリンク-



なかやまきんに君って面白い?

当たり前ですが中には面白くないと感じる人もいますよね。まぁ、正直ワタシも以前は面白いと思っていませんでしたし…

ですが、今ではきんに君の良さにドはまり中です。

きんに君の面白い所は、キレのあるツッコミでもボケでもなく、きんに君であることが面白いんです。

ワタシもしっかりツボにハマっております(笑)

  • しらけ笑い」はとても上質な笑いだと思います。 
  • 誰も不幸にしない笑いを届ける男
  • きんに君って無双状態に入ったらマジで最強説
  • 何回見ても初めて見たみたいに笑えるんよなこの人
  • 誰も傷つけない笑いがすき

そう!きんに君は誰かを馬鹿にしたり、こづいたりしない平和なネタばかり。なのにクセになってしまう所が面白いんです。

ワタシはきんに君のマイペースでマイワールドなネタが面白くて好きです!

-スポンサードリンク-



きんに君のネタとは?

ズバリ!筋肉ネタです。

とはいっても、きんに君の筋肉ネタは組み合わせや応用がたくさんあってなかなか奥が深いんです。

まずは一例を

  • パワー!!!
  • マグマスパゲティーやぁぁぁぁぁ!!!
  • やるのかい?やらないのかい?どっちなんだい?筋肉ルゥゥゥゥレット!
  • うんこになる!!!
  • アーノルド・シュワルツェネッガー etc.

なんだか文字にして見るとアレなんですけど、どのネタにも筋肉をからめたギャグです。

あとネタというか、きんに君は筋肉と会話できます(笑)

パワー!!!に関してはCMに起用までされてるんですよ!凄い!

https://twitter.com/oec_daisho_offi/status/1372011066662612993?s=20

そして、筋肉ルーレットはというと↓

https://twitter.com/ricotta__/status/1352171044342153217?s=20

きんに君がずっと笑顔でやってるのもジワジワときますが、きんに君の独特の声も面白く感じるポイントだと思います。

あと、純粋に大胸筋の使い分けが凄いデス。

留学経験者で英語が堪能なきんに君。

シュワちゃんの名前を発音よく言う、といったギャグでは「アァァァノルド・…シュワル…zenegge ハァ…ハァ…」とツェネッガーの部分だけ帰国子女なみの発音になるというネタもあります。

無駄に最後ハァハァしてる所で笑っちゃいます。

あと、どのネタもこうくるだろうな〜って分かってるのに予想通りの展開でも笑えるって凄くないですか?

そして、きんに君といえば毎回使われているあの曲。

世界的にも有名なアーティストのBon Jovi。そして誰もが知ってる名曲It’s My Life

ダンダン♪と流れた瞬間にもう…

https://twitter.com/manjimaru025/status/1373889351617187840?s=20

この曲できんに君をイメージする人が結構いますね(笑)

私もIt’s My Lifeが流れると、きんに君が真っ先に出てくるので同じ症状の方が沢山いて安心しました♪

きんに君の一番有名なネタといえば↑このマグマスパゲティだと思うのですが、このネタも何回も見ているのに絶対、「やぁぁぁぁ‼」のとこで笑っちゃうんですよね〜。ホント曲のマッチングが最高だと思います。

そんなきんに君の新しいネタが面白いとワタシの中で話題なので、次はなかやまきんに君の新ネタについて探っちゃいますよ!

-スポンサードリンク-



飴投げって?

きんに君のネタではじめて吹き出してしまったのはこのネタ。

初見で見た時の破壊力が凄いです。

この飴投げとは、ただ飴をキャッチするというゲームネタ。

簡単に説明をすると飴の入ったカゴをきんに君が持っていて、きんに君の相手役に一人キャッチャーを選びます。

キャッチャーは紙コップを持たされ、きんに君がひっくり返したカゴから飴を1つでもキャッチできたらクリア、という単純なゲームです。

しかし、カゴをひっくり返すタイミングはきんに君のタイミング。

It’s My Lifeの曲が流れ、動き回りながらボディービルのポージングをするのでキャッチャーは「いつひっくり返すの?」ときんに君の動きに必死についていきます。

きんに君が思いのほか動き回るので、キャッチャーに選ばれた人は「え?え?」となりながらも真剣に追いかけます。そして絶妙のタイミングで例の『イッツ・マイ♪やぁぁぁぁぁ‼」』と叫びながら、とんでもない方向に飴をぶん投げます

と、ここまでが大体のネタの流れ。

そして先日ワタシがテレビを観ていた時の事。俳優の賀来賢人さんがこのネタのキャッチャーに抜擢。

まだネタのオチや流れを知らない賀来賢人さんに、きんに君がゲームのルールを説明します。

イマイチ理解できていない様子の賀来賢人さん。

賀来賢人さんが半信半疑のまま曲がはじまりゲームスタート。

予想以上に動き回るきんに君を賀来賢人さんは追いかけます。

最初はぎこちない動きだった賀来賢人さんも理解ができてきた様で、コツを掴んで必死にカゴを追っています。

もう視線は飴の入ったカゴにのみ注がれています。

ワタシも完全に賀来賢人さんに感情移入して飴を1つでも取ってぇぇ、と願いながら見ていました。

そして曲はサビへ…

ダンダン♪が来る…来る…と、分かっているのに、何が起こるのか予想がつかぬまま絶妙のタイミングで「やぁぁぁぁぁぁ‼」と叫んだかと思った瞬間、飴をとんでもない場所へぶん投げられた賀来賢人さん。もうアニメのようにポカーーン(# ゚Д゚)てなってました。

数秒たってネタを理解した賀来賢人さんは爆笑。

わたしピーナッツ食べながら観てたんですけど、口に入れかけてたピーナッツが吹き飛びましたから(笑)

キャッチャーが子供だと必死さが本気なので、飴をぶん投げられた後がなんとなく切なくなっちゃうのは私だけでしょうか?

そして飴がすっ飛んだ時のキャッチャーはみんな同じ(# ゚Д゚)みたいな顔になるんですね(笑)

ネタの種類はあまり多くないきんに君ですが、きんに君の魅力はネタだけではありません。

こちらは鬼滅コスと筋肉の融合ですね。

猪に関しては、きんに君が猪の被り物を被ってるだけなのにクオリティーが無駄に高い所がお気に入りなのと、猪のクオリティーが高すぎて下2つの何とも言えないこの表情。一体どういう感情なの?と考えてしまって見つめているとどうしてもジワジワと込み上げてくるモノが… 

-スポンサードリンク-



まとめ

今回は、芸人として長く活躍している筋肉ネタで平和な笑いを作る、なかやまきんに君について探ってみましたがいかがでしたでしょうか?

  • きんに君は誰も傷つけないネタで面白い
  • ネタはBon Joviありきの筋肉ネタ
  • 飴投げとはゲームと見せかけた飴ぶん投げネタ
    でした。

Youtubeでは健康的に筋肉をつける為の知識や、筋トレなどとても分かりやすく解説してくれています。

色んな魅力を持ち、素晴らしい筋肉をフルに使ったネタが持ち味のなかやまきんに君の活躍に、今後もさらに期待していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。