今CMやドラマで見ない日はないくらい大人気な小芝風花さん。

そんな小芝風花さんの特技は「フィギュアスケート」のようです!

「ん?特技がフィギュアスケート?」って思いません?特技って趣味より本格的というかそれに対してのスキルがあるイメージがありますよね。

小芝風花さんは綺麗な顔立ちとスタイルの良さでの評価がとっても高い印象なのですが、実はかなりすごいフィギュアスケートの経歴をお持ち!!

そんな小芝風花さんのスケートについて、今回は調べてみました!

小芝風花とスケート

小芝風花さんは小学校3年生から中学校2年までの5年間をスケートに費やしているんです~!

星がまだ出る時間には、家を出てフィギュアスケートの練習をして、そのまま学校にいって、という日々を5年間ずっとしていたそうです。

風花ちゃんの負けずぎらいはここから来ているのかもしれないですね。

そして今じゃたまにさぼっちゃうダイエットも(笑)この時期は、体重が増えるとジャンプが飛べなくなるので食事制限もしていたそうです。

文字通り寝る暇を惜しんでの練習と、小学生から中学生という成長期の時期に食事制限をするのは本当につらかったでしょうねぇ~😢

このエピソードに加えて、友達とも全く遊んでいなかったそうですよ!小学校3年生から全くですよ~!!そんな小さい時から夢を持ってストイックに生きているなんて…感服です…!!

小芝風花さんは女優の才能とフィギュアスケートの才能だけでなく、努力の才能も持っているんですね~!

さっきからすごいすごいって言っておりますが、なにがすごいって、小芝風花さんは「野辺山合宿」に参加した実力を持つ選手だったんですよ!!

小芝風花と野辺山合宿


image:ameblo

「野辺山合宿」というのは、フィギュアスケートの登竜門的存在で、

女性では浅田真央さんや荒川静香さん、安藤美姫さん、紀平梨花さんなどなど、

男性では羽生結弦さんや小塚崇彦さん、高橋大輔さんといった、日本を代表するトップクラスの選手がこの「野辺山合宿」を経験しているんです!!!

そんな「野辺山合宿」を3回も参加していた小芝風花さん…驚きですよね…!!

さらに驚きなのが、スケート歴5年の中で3回も参加してるんです…才能以外の何物でもないです…!

フィギュアスケートにストイックな性格!そんな有名なフィギュアスケートの選手と肩を並べていた小芝風花さん!!もちろんしっかり賞もとっているんです~!

2010年に開催された「第37回西日本中小学生フィギュアスケート競技会」に中学1年生で出場した小芝風花さんは、

「6級ジュニア選手権女子」

で8位入賞という成績を残していました!


image:楽天ブログ

6級ジュニア選手権女子とはなんぞや?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、文字通り6級のバッジテストを取得しているジュニアの大会なんですが…

その6級のジュニアのみなさんは、3回転飛べるのが当たり前くらいのレベルの認識で大丈夫です。

どれくらいすごいかわかりましたか…?それを小学校3年生から始めた子が取得しているんですよ?!すごい以外の何物でもない~!!!

小芝風花さんのフィギュアスケートへの本気度がわかるのが、2011年10月に行なわれた「第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会」での活躍です。

渡邊純也選手とのペアで優勝をしています!

『MOLIENDO CAFE』(コーヒー・ルンバ)の曲に合わせて、14歳とは思えないほど、大人の雰囲気を漂わせたダンスを披露した小芝風花さんには、表現力の高さから「アイスダンサー向き」という声も上がったようです。

ちなみに渡邊純也さんというのがこちら…

View this post on Instagram

最後の全日本が終わりました。中野先生グレアム先生と半年前に決めていた今年の全日本の目標は、フリーで観客の皆さんに感動して泣いてもらうことでした。この目標を達成できたかどうかを自分で判断することはできないですが、自分の持っている力は4分間で全て出し切りました。一応自分では目標を達成できたと思っています。滑っている間は本当に一瞬で、ショートもフリーもめちゃくちゃ楽しかったです、幸せでした。これからももっと全日本に出場したかったという気持ちがやはりありますし、これが最後だと思うと本当に寂しいです。全日本に出場した経験は一生の宝物ですし、氷上から見た景色は一生忘れません。 そしてこの全日本の舞台でショートフリー共にスピンステップ全てをレベル4で揃えれたことは本当に嬉しかったですし、自信になりました。インカレと国体ではショートフリー共に良い演技ができるよう切り替えて練習していきます。たくさんのご声援本当にありがとうございました。 #全日本フィギュア #2019 #ラスト全日本

A post shared by 渡邊純也 (@junya.vv) on

最近では、2019年に開催されたフィギュアスケート全日本選手権に出場するほどの実力!!そんな現役でフィギュアスケートをされる実力のある方とペアだったんですね~!

アイスダンサー向きと言われているほどの表現力を持っていた小芝風花さん!

女優としての素質をこの時から備わってたんですね!!

ですが、そのときの小芝風花さんの夢はとっても現実的…

大学まで現役スケート選手で頑張り、その後1~2年は

アイスショーで仕事をし、最終的には、小さい子供たちにスケートを教える

インストラクターとして働くという人生設計を描いていた

ほら現実的~!!これが中学生の見ていた夢…堅実的すぎやしませんか…😫💦

夢はオリンピック選手とか言ってくれ~!!って感じですよね…

こんなに才能のあるフィギュアスケートをやめ、この女優への道に足を踏み入れたのは、壁を感じていたからでしょうか…それはそれでなんか悲しいですよね。

芸能界デビューを果たした小芝風花さんですが、「スケート靴の約束」というドラマでフィギュアスケートの技術が大活躍します!!

「スケート靴の約束」と小芝風花


image:youtube

みなさん「スケート靴の約束」というドラマをご存知でしょうか?

フィギュアスケートを通して家族の絆を描いたドラマなのですが…

~「スケート靴の約束」あらすじ~

元フィギュアスケートの母とうなぎ屋の父をもつ二人姉妹の姉・葉子(小芝風花)と妹・(本田望結)。

葉子は母が叶えられなかったフィギュアスケートの夢を一身に背負って練習に励んでいた。

有望なスケート選手として一目を置かれていた葉子だが、事故で目が見えなくなってしまい、フィギュアスケートの夢を断念せざるを得なくなる。

姉の代わりに妹の紗綾がフィギュアスケートの夢をうけフィギュアスケートの世界へと足を踏み入れる。

こんなストーリーから物語が始まります。

なんと!撮影のキャストにバッティングされたのは撮影の2週間前!!

撮影に間に合わせるためにすぐさま練習に取り掛かったんだとか…

2年のブランクもなんてことはなく、昔取った杵柄とでもいうのでしょうか。ブランクは全く感じませんでしたし、堂々と滑らかに滑る姿にみなさん目が奪われていたはず。

小芝風花さんはフィギュアスケートをやっていた時に両足に怪我を負っていた時期があり、いろいろ重なっていたりするんだろうなあと、調べていて思いました。

その時、フィギュアスケートをやめて芸能界に入ったことで、小芝風花さんはお母さんとわだかまりがあったようで…

怪我を負ってしまったこと。そして、フィギュアスケートの夢が家族の夢として一心に背負っていたところも葉子と重なっている部分が多くて、なんかこっちが複雑な気分になっちゃいますよね。

実際のところ、5年間もずっと娘と一緒にフィギュアスケートの夢を応援していて、いきなり娘が違う夢を追い始めたら戸惑っちゃいますよね…

スケートリンクの送迎や大会衣装とか全部お母さんがこなしていたらしいので、これまで尽くしていた分尚更ですよね。

ですが、このドラマを通して、2年間母親との間にあったしこりを解消することが出来、一気に前を向いて芸能界に専念できたようで、この「スケート靴の約束」は、小芝風花さんにおいて大きな意味を持つ作品なんだとか。

まとめ

 

今回は小芝風花さんとフィギュアスケートに焦点を当てて詳しく見ていきました!!

今はいろいろな作品に出て若者世代を中心に人気を誇る小芝風花さんですが、昔はフィギュアスケートの有望選手だったなんて驚きですよね~!!

小芝風花さんはフィギュアスケートで培ってきた経験と粘り強さでこれからたくさんの壁を乗り越えていくんだろうなあと思います~!

成長が止まらない小芝風花さん!!これからも見逃せませんね~!!!

ご覧いただきありがとうございましたっ!