みなさんこんにちわ。
少し前に突然出てきて、世間を沸かせた女子高生たちがいましたね。その高校は《登美丘高校》そして、その女子高生たちが有名になったのは《ダンス部》のみなさんです。今まで、あまり耳にしたことがなかった高校だったと思うのですが、ダンス部の子たちが世間を沸かせ、一躍有名になった高校です。有名になったことがきっかけなのか、現在、偏差値が上がっているとの話があります。有名校に入りたい子が増えれば必然的に倍率もあがりますからね。さて、真相はいかに?まずは登美丘高校について見ていきましょう。

-スポンサードリンク―

登美丘高校とは

正式名:大阪府立登美丘高等学校
公立学校
設立年月日:1924年7月7日
創立記念日: 同上
全日制普通科・男女共学
所在地:〒599-8125大阪府堺市東区西野51

-スポンサードリンク-



登美丘高校ってこんな学校

全日制普通科を設置している。高校の愛称は「登美丘高校」を省略し、「トミコウ」と呼ぶことが多い。

黒山実業学校の女子部を母体にして発展させる形で、学校組合は1924年3月22日、高等実践女学校の開設を決議した。1924年7月9日に文部省告示により大阪府黒山高等実践女学校の開設が認可され、同年7月21日に本科4年制・専攻科1年制の学校として開校した。

開設当初は黒山高等小学校および黒山実業学校と校舎を共有していた。1927年から1928年にかけて黒山高等小学校・黒山実業学校南側の隣接地(黒山村大字阿弥81番地)に独立校舎を建て、1928年に移転している。当時の校舎は、大阪市愛日尋常小学校(のちの大阪市立愛日小学校)の旧校舎を移築したものだった。

志願者や生徒数が増加したために学校経費が増大し、学校組合で運営する方式では経済的に困難になりつつあったことから大阪府への移管の声が高まった。1929年に学校組合を解消して大阪府に移管し、大阪府立黒山高等実践女学校となった。1941年には5年制の大阪府立黒山高等女学校へと改編された。1943年には戦時措置に伴う中等学校令により4年制に短縮されたが、終戦直後には5年制に復帰している。

学制改革により、1947年には高等女学校2・3年生徒を新制中学校に移行させる形で併設中学校を開設し(1949年閉鎖)、1948年には大阪府立黒山高等学校へと改編された。近隣に生徒交流のできる旧制中学校がなかったため、入学試験で新入生を募集する形で男女共学を実施した。

1952年4月に現在地に校舎が完成して移転している。移転と同時に現在の校名・大阪府立登美丘高等学校に改称している。

1924年創立ということは、今年で94年になるんですね!!古き時代からの由緒正しい高校のようです。

登美丘高校 ダンス部

ダンス – 『夏の日本高校ダンス部選手権』全国大会において、2013年・2014年優秀賞、2015年・2016年全国優勝、2017年全国準優勝、『春の日本高校ダンス部選手権』西日本大会において、2014年・2015年・2017年・2018年優勝。平野ノラや荻野目洋子のバックダンサーとしても活動し、様々な音楽番組に出演。2017年の第59回日本レコード大賞特別賞を受賞し、同年の第68回NHK紅白歌合戦で郷ひろみのバックダンサーとして出場。2018年、関西元気文化圏賞・ニューパワー賞を受賞した。

たくさんある部活動のうち、登美丘高校が一躍有名になったのは、このダンス部のおかげといっても過言ではないでしょう。荻野目洋子さんのダンシングヒーローで、素晴らしいダンスを披露してくれました。有名歌手の郷ひろみさんのバックダンサーとそしても活躍されていますね。テレビに出る前から、ダンス部は優秀な成績を残していたようです。が、やはり有名になったのは、テレビに出てきてからでしょうね。

それにしても、初めて登美丘高校ダンス部のダンスを見たときの衝撃は今でも鮮明に覚えています。面白いのに、真剣に見入ってしまいましたね。なんといってもバブリーダンス!!これは本当に素晴らしい仕上がりのダンスだと思いますよ!!

-スポンサードリンク-



登美丘高校ダンス部によるバブリーダンス

オッケーバブリー! YouTubeに公開された大阪府立登美丘(とみおか)高等学校ダンス部の動画が話題になっています。

肩パッドにボディコンスーツ、ハイヒールなどインパクトある衣装にバブリーな演出。懐かしい!
天才的な演出も最高すぎる……。

私が、初めてバブリーダンスを見たのは、うちのは母が『テレビにオバサンみたいな子たちだ踊ってるけど、高校生なんだって!!』と教えてくれたことからでしたが、初めて見たときその言葉の意味がよーく理解できた私でした。衣装はふるくっさいのに、ダンスはキレッキレで、めっちゃ感動しましたね。

実際、平野ノラさんや、荻野目洋子さんもコメントしていらしゃいました。

平野ノラ @hiranonora
おったまげーーーーーー!!!!
登美丘高校ダンス部のみんな!
ぶっ飛びバブってる!!!!!!
これぞまさに熱いビート鳴らしてるー!ゲロマブすぎるゾ❤︎
公式】大阪府立 登美丘高校ダンス部(TDC) @tomiokadance
アングルがかなりアップで短いですが、
昨日の映像です‼️
フル映像お楽しみに😊💗#登美丘ダンス部 @hiranonora

荻野目洋子 @oginome_info
「ダンシング・ヒーロー」はもはや、みんなのものだと思います。
それにしてもなんてキレのあるダンス!色鮮やかな平野ノラさんがいっぱい〜〜❤︎❤︎
学園祭に遊びに行きたいなぁ。選曲、有難う✨
ダンシングヒーローはもはやみんなのもの!荻野目洋子さん素敵ですね。
さて、バブリーダンスによって、登美丘高校は今やだれもが知っている有名高校になったのですが、偏差値が上がったというのは本当なのでしょうか?

-スポンサードリンク-



登美丘高校の偏差値上がる?

現在はまだ、数値上では上がっているとは言えない。

登美丘高校の偏差値なのですが、こちらの数値はここ3年、60程度で安定しています。60というと、なかなか優秀なイメージです!

進学先を見ますと、地方の国公立大や、「関関同立」と言われる関西地方の有名私立、「関西学院大学」「関西大学」「同志社大学」「立命館大学」にも毎年一定数の合格者を出しているようです。

このレベルの大学は、いわゆる「難関大学」と言えるレベルで就職にも強いですから、登美丘高校成績上位者層の進学実績は、優秀なレベルにあると言えるでしょう。

ちなみに特に進学が多いのは、近畿大学のようでした。

はい、登美丘高校からの進学先はは難関大学も結構多く、元々優秀な高校ではあったようですね。では、実際に現在の偏差値はどうなっているのでしょうか?

「登美丘高校でダンスがしたいから、絶対に合格したい!」「テレビを見ていて、どうしても入学したくなった」といった声が多数見受けられました。どうやら、昨年のバブリー・ダンスブームによって同校の知名度が飛躍的に高まると同時に、志望者数も増えてきているようです。

もちろん、必然的に志願者は増えますよね。それと共に、偏差値も上がったのでしょうか。

現在出ている数値上は大きな変化がないにしても、今後同校の偏差値が上昇することは、十分あり得ると予想します。

現在はまだ、とてつもなく偏差値が上がった等はないようですが、これから入学志願者が増えれば、偏差値も上がってくることは簡単に予想できることでしょう。みなさん、一生に一度の高校選びですからね、せっかくならあの学校へ!という気持ちも理解できますよね。しかし、あまりに偏差値が上がってしまうと、ダンス部も秀才だらけになってしまって、勉強と部活動の両立が厳しくなってしまうのでは?と私は思ってしまいます。
では、入学志願者が増えたということは、倍率も上がったのでしょうか?

-スポンサードリンク-



登美丘高校の倍率は?

2017年の倍率と比べ、2018年の志願者希望が増え、倍率は高くなっています!!!

Q:今年の登美丘高校の倍率はめっちゃ高くなりますよね?

A:はいその通りです。幼少の頃からダンス習っていて、なおかつ登美丘ブームにはまった全国の猛者が受験するでしょう。Mステや紅白まででるくらい有名になりましたから、有名になりたい若い子たち が目指すでしょう。しかも無事登美丘に入学できたとしても、ダンスコンテストに出場できる部員は半分以下です。現在90人くらいですが、この部員の数も一気に増え、もっと確率は低くなります。

はい、実際に2018年の進路希望調査では、希望者が増え、倍率も上がっています!!!
2017年の倍率が《1.30》に対して、2018年進路希望調査で《1.63倍》と上がっているようです。

これは、一躍有名になったことで、超難関高校になっちゃうんじゃないですか?!
実際、これからどれだけ偏差値や倍率が上がっていくのか、想像を絶するものがありますが、やはり、高校で何がしたいのか?というところの違いもありますよね。

学生だから、勉強するのはもちろんだとは思うのですが、この高校で、青春時代を《ダンス》で楽しみたいという気持ちの入学志願者がかなり多いなか、特に小さい時からダンスをやっていた子たちの志望がカナリ多いようですしね。偏差値が上がっていってしまったら、高校に入ることもなかなかできなくなってしまうというのは、ちょーっと寂しいのかな~って思いますね。

やはり、登美丘高校ダンス部は最高のパフォーマンスの出来る部活であってほしいと思いますからね。

-スポンサードリンク-



さいごにまとめ

今回は、登美丘高校について見てきましたがいかがでしたでしょうか?一躍有名になった登美丘高校ですが、これ以上の難関校ににはなってほしくないな~と思ってしまいます。

《POINT》
*大阪府立登美丘高校はバブリーダンスで一躍有名になったダンス部のある高校である
*大阪府立登美丘高校の偏差値は、現段階では数値上上がってはいない
*大阪府立登美丘高校の倍率は、昨年に比べ上がっている《2017年:1.30倍➡2018年:1.63倍

若い世代にも、バブル時代の人にもウケるバブリーダンス。登美丘高校の益々の発展とご活躍をお祈り申し上げます。
最後までお読みいただきありがとうございました